骨、折れちゃった

骨、折れちゃった

(怖がりの方は見ないで下さい)

出発!!

2014年8月24日(日)摂津市のジャッキー7を終え、
翌日からJRの青春18きっぷを使い、二日間(25.26日)かけて岩手県入りしました。
27日28日の二日間で大槌町の仮設住宅等を4箇所回り、
29.30日でまた18きっぷで大阪へ帰ってくる予定でした。

やっちまったぁ

その初日27日の一箇所目・集会所「和野っこハウス」に到着したのが午前9時20分。
愛知県豊田市のごくらく寄席から預かってきた寄付金を先に役場に届けたので、
到着が遅れたのです。
開演は午前10時。あと40分しかありません。
急いでテーブルを二つくっつけて、ガムテープで留めて、赤い布を被せて高座(高さ1メートルぐらい)をこしらえました。
高座の背景が窓だったので高座に上がりカーテンを閉めました。
降りる際、用意してくださっていた床机(長椅子)に片足を乗せた瞬間、悲劇は起こりました。
バランスを崩し、右手から着地、「ミシッ!」と音がしました。
見ると右手首がフォークを伏せたような形に変形していました。
中学一年の時に跳び箱からライダーキックをして左腕を骨折した経験があるので、
すぐに骨折と分かりました。
「すいません、手首折れました。」
あの時の周りの方々の慌てようは今でも忘れません。申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

整骨院へGO!!

布で腕を吊りワゴン車に乗せていただき、会場をあとにしました。会場の滞在時間10分。
車で走ること3分。地元の橋本整骨院に到着。
待合室のお爺ちゃんお婆ちゃんを差し置いて診察室へ。また申し訳ない気持ちになりました。
「こら間違いなく折れてる。形だけでも整えてやる。あとは早く大阪へ帰って診てもらいなさい」
「エイッ!」の気合の一声と同時に形は大分ましになりました。

帰阪

そこから宿泊地である遠野市まで送っていただき、荷物などをまとめていざ花巻空港へ。
当日の航空券をコンビニで購入できることを勉強しました。42000円。
空港までの山道のカーブは遠心力がかかるのか結構ズキズキしました。
上空では空気圧などの影響を心配しましたが、別になんともなかったです。
夜8時頃、かかりつけの旭区の呉整骨院に到着。
かなり引っ張っていただきましたが、整復は不可能の様子。
紹介状を書いていただき、翌日、牧病院へ向かいました。

診察結果

レントゲンとCTスキャンです。(すべての写真はクリックすると大きくなります)

骨片が飛んでいるのが見えます。
「トウ骨遠位端骨折」という診断。お年寄りがこけて、手をついてよく折れる箇所だそうです。
粉砕骨折だそうで、これは引っ張って継ぐとかではなく、必然的に手術になるとのこと。
5日後に手術と言われたのですが、折れたまま長いこと過ごすのも気色悪いので、
無理を言うて翌日にしてもらうことになりました。

いざ、手術台へ!!

8月29日
改造人間になる日が来ました。
朝から点滴を打ち、午後1時過ぎ、自ら手術室に向かいました。
手術台は幅が狭く、体を固定され、本郷猛の気持ちになりました。
「ショッカー!俺をどうする気だ!」
口に麻酔の吸入器を取り付けられると、あっと言う間に意識が無くなりました。
眠ること3時間。手術は無事に終了していました。
脳の改造は免れたようです。

チタンのプレートで留めています。ビスが8本。
ちょうどセミぐらいの大きさでしょうか。

手術後


しばらくは拳が腫れて、ブルース・リーが考案したフィンガーグローブかと思いました。

無事、退院

9月4日に退院。1ヶ月間はこのサポーターをつけて過ごしました。

着脱式なので、石膏で固めるのよりも断然楽です。
外すとこんな感じ。

お風呂の時はこの状態で入ります。

傷とご対面

9月12日、包帯が取れました。
ブラックジャックかと思いました。

それから

年が明けて2月27日。
骨は完全にくっつきました。どこが折れたのか分からないぐらい。
骨片も筋肉に吸収されて消えています。

それからそれから

6月16日の時点でこんな感じです。
生命線は、まあまあ長いです。

今後・・・

2015年秋、彦八まつりのポン菓子屋が終わってからチタンを取り出す予定です。
今度の手術では、このミミズ腫れをとりあえず除去してくれはるとのこと。
その後のケアで、傷跡がどれぐらい消えるかですね。
まあ、大槌町を忘れないためにも、ずっと残しておいてもいいんですけど。
チタンはおそらく記念にもらえると思います。
オークションにかけましょうか。
雀喜の腕に1年間埋め込まれていたチタン。
ファン垂涎のグッズ。500円から。

教訓

大槌町の橋本先生が仰いました。
「人間、心と体が疲れている時に骨折する。普段は骨折しないものなんだ」
今から思うと長時間の電車移動で足がむくみ、遠野から大槌までの運転に神経を使い、
そこへ寝不足が重なったようにも思います。
また舞台作りを急いだのがよくなかった。
皆さん、慌てるとロクなことはありません。のんびり生きましょう。

(C) Katura Jakki 2014